円形脱毛症|PUVA療法

育毛剤

紫外線で治す

スポンサードリンク

円形脱毛症のPUVA療法は、紫外線を用いた方法で、光線療法とも言います。

 

やはり難治性の円形脱毛症の場合、薬などでは簡単に改善が見られないなどの時に行います。
単に紫外線を当てるのではなく、最初にソラレンという紫外線を受けやすい薬剤を塗ります。

 

その後、紫外線を当てることで、自己免疫に影響を与えることできるとされ、円形脱毛症だけではなく、アトピー性皮膚炎やリンパ腫などの治療にも用いられる方法です。

 

変わった方法ですが、副作用の心配もない安心な治療法です。

 

PUVA療法の内容

PUVA療法は、円形脱毛症に良いとされていますが、PUVAのPはソラレン(psoralen)の頭文字、UVAは、波長の長い紫外線を指します。

 

この紫外線は、普通は日焼けを起こしたり、活性酸素を生む肌にはあまり良くないものですが、自己免疫部分にターゲットを絞って照射することで、特に皮膚病の完全に良いとされています。
円形脱毛症も皮ふ上のトラブルとして、有効な治療とされています。

 

紫外線による被害などはもちろん心配はありません。

 

ただし、PUVA療法の後はしばらくは紫外線に当たらないように注意をしなければなりません。

 

難治性円形脱毛症

円形脱毛症も軽症の治療法は時間をかけることで、元に戻りますが、難治性のものに関しては、さまざまな手立てを考えなければなりません。
免疫に作用するPUVA療法に関しても、発ガンの疑いなどがありますが、一時的な照射に過ぎないことから、ステロイド療法よりも副作用はないとされています。

 

それよりも今、円形脱毛症が治ることの方が大切な場合が多いです。

 

スポンサードリンク


話題の育毛商品 女性の円形脱毛症 特許を取得した治療法 髪尾育男脱毛症Q&A髪尾育男 脱毛症対策|隠す方法