円形脱毛症|直線偏光近赤外線照射療法(スーパーライザー療法)

育毛剤

赤外線で治療する方法

スポンサードリンク

円形脱毛症の患部に赤外線を照射する直線偏光近赤外線照射療法があります。
スーパーライザー療法とも言います。
これは、赤外線が体内の奥深くまで届くよう、特殊なものを使って治療するものです。
もともと自律神経を刺激するもので、円形脱毛症だけではなく、神経のあらゆる治療に使用されている方法です。
アレルギーなどにも効果があるとされ、自己免疫治療の1つとして、円形脱毛症にも用いられています。
赤外線と言っても体に害があるものではなく、比較的軽い円形脱毛症の方には効果があるとされています。

 

軽症の円形脱毛症に効果的

円形脱毛症の中でも単発型の方にスーパーライザー療法を試した所、約9割の治癒に成功したという報告があります。
多発型の場合でも、半数の方の発毛促進ができたとされています。
局所に赤外線を当てることから、熱い、痛いといった感じはありますが、単発型の場合は、かなり高い確率で回復をするということです。
しかし、あくまでも軽度の場合のみで、重症化すると、スーパーライザー療法は難しいとされています。

 

ストレスと神経

円形脱毛症の原因で、ストレスが大きな関係性があるとされています。
スーパーライザー療法は、神経に刺激を与えます。
外部的な治療ばかりではなく、神経の改善と言った観点から行くと、スーパーライザー療法の利用は、外科的な治療とは違う魅力もあります。
ストレス解消ではないのですが、神経が落ち着いて、症状が治まるといったこともあるようです。
ストレス回避、解消が治癒のきっかけともいえます。

 

スポンサードリンク

円形脱毛症|直線偏光近赤外線照射療法(スーパーライザー療法)関連ページ

ステロイド療法
点滴静注ステロイドパルス療法
ドライアイス療法
局所免疫療法(SADBE)
PUVA療法
保険について

話題の育毛商品 女性の円形脱毛症 特許を取得した治療法 髪尾育男脱毛症Q&A髪尾育男 脱毛症対策|隠す方法