円形脱毛症になる子供の症状と特徴

育毛剤

それぞれ事情が違う子供の円形脱毛症

スポンサードリンク

子供の円形脱毛症は大きく分けて、アトピー等のアレルギー体質が起因している場合と精神的な原因があるという特徴があります。

 

これらは、大人も子供も同じような原因なのですが、様々なストレスなどが、子供の円形脱毛症を発症させるとも言えます。

 

又、中には、自然に脱毛するのではなく自分で、髪の毛を抜いてしまう場合で、脱毛のようになってしまう場合もあります。

 

いずれも、アレルギー体質以外に関しては、何かのストレスがかかっていることが大きな原因です。
親がしっかりと見つめて、対応しなければならないということになります。

 

アレルギー体質が原因の場合

アレルギー体質の子供の円形脱毛症は、免疫機能の異常が原因とされています。
これといった特徴も無いのですが、アチコチかゆいだけではなく、実は髪の毛の中も痒くなってしまい、それが毛母細胞などを刺激するとも言われています。
又、ついかいてしまうことで、脱毛になってしまったりと、その子によって症状は様々です。
この場合、子供がどの場所を痒がっているかなどを良く確認をしてみてください。

 

ストレスが原因の場合

ストレスが原因の円形脱毛症は、大人と同じと思ってください。

 

何かしらのストレスが慢性的に体を蝕むことで、自然と円形脱毛症になってしまうものです。
日々の子供の行動や言動で“?”なことがあれば、直接責めるのではなく、周りから徐々に近寄って行き、本当のストレスの原因をわかってあげてください。
親が解決と言うよりは、親がいつも見守ってくれているというだけで良い場合が多いようです。

 

スポンサードリンク

円形脱毛症になる子供の症状と特徴関連ページ

子供(幼児)の円形脱毛症対策
子どもの円形脱毛症の治し方

話題の育毛商品 女性の円形脱毛症 特許を取得した治療法 髪尾育男脱毛症Q&A髪尾育男 脱毛症対策|隠す方法