脱毛症|大切な自分の髪を守る

育毛剤

大切な自分の髪を守るには

 健康のために重要なのはバランスのとれた食事を摂ること。健康体を維持するためには、体を常に弱アルカリ体質に保つことが大切です。

 

たとえば、そうしたことを気にせずに肉類を好み、お酒も好きでタバコも吸う、そのうえ甘いものも大好き、というような人の体は、おそらく酸性体質に傾いているはず。いまのところまったく体に異常がないとしても、いずれは動脈硬化や狭心症などの成人病になってしまいます。

 

そしてそれは、いつかくる薄毛・脱毛への道を歩み始めたことにもなるのです。

 

ここでは体質を改善するための食生活の基本をご紹介します。

植物性脂肪(不飽和脂肪酸)を多く摂る

 脂肋は人間の体を維持していくために、なくてはならない栄養素のひとつで、動物性と植物性の2種類があります。

 

動物性脂肪の多くは飽和脂肪酸で、ラードのような固形状のもの、植物性脂肪の多くは不飽和脂肪酸で、液状のものです。
重要なのはその働きの違い。
体質改善のためにはぜひとも、不飽和脂肪酸である植物性脂肪をとることです。

 

 不飽和脂肪酸のひとつであるアルファリノレン酸は、血液中のコレステロールと結びつき、胆汁となって排泄されていきます。つまり、コレステロールを除去して血液が凝固するのを防ぎ、血液中の中性脂肪を減らす働きをするのです。また、植物性のリノール酸には、動脈硬化を防ぐ効果があることも認められています。

 

 不飽和脂肪酸を含む食品は、魚介類や海草など。また、植物油のなかでは菜種油、大豆油などに豊富に含まれています。

野菜類を多く摂る

 さまざまな食品から栄養を摂ろうとしても、それらの栄養素は野菜を摂らないことには、体内で力を発揮することができません。

 

野菜に含まれているビタミンやミネラルは、他の栄養素の潤滑油となって働き、体の調子を整えるという大切な役目を担っているのです。
 野菜には淡色野菜と緑黄色野菜があります。他のすべての栄養素をバランスよく摂るためには、緑黄色野菜100グラムと淡色野200グラム、合わせて300グラムの野菜が1日に必要だといわれています。

 

 野菜に共通している特長は食物繊維が豊富に含まれていること。食物繊維は腸のぜん動運動を促すことによって便秘を解消させ、コレステロールや有害物質を吸着して体外に排出する働きがあるため、動脈硬化などのさまざまな成人病の予防に効果的です。

 

 また、緑黄色野菜に豊富に含まれているカロチンには、皮膚や粘膜を丈夫にする働きがあり、さらには脂質が酸化するのを防いで、万病の元といわれる活性酸素を無害化するという働きもあります。

 

 野菜にはこのほかにも、ビタミンC、ビタミンB群、カリウム、カルシウム、鉄分など、私たちの体を活性化させて毒素を取り除くなどの数多くの利点があり、また、循環器系の機能低下を防いだり、成人病のほとんどの病気にも効果を発揮するといわれています。

スポンサードリンク

脱毛症|大切な自分の髪を守る記事一覧

脱毛症|髪によいもの

 ゴマは、その小さな一粒一粒に、私たちの体のためになくてはならない大切な栄養素を豊富に含んでいます。 ゴマは古くから親しまれている食品ですが、その効果が科学的に証明されたのは1950年代のことで、現在でもまだそのすべてが明らかになったわけではありません。しかし、わかっているだけでも驚くべきほどの栄養...

≫続きを読む

脱毛症|髪によくないもの

 ナトリウムはアトピーなどの皮膚炎を誘発したりするほか、人間の中枢神経を侵し、生きる意志を失わせたり免疫力を低下させるなどといわれているものです。確たる症例が出ているわけではないのですが、髪を発育させるもととなる毛乳頭の活性の妨げにならないとは言い切れないものなので、できるだけ摂らないようにしたいも...

≫続きを読む


話題の育毛商品 女性の円形脱毛症 特許を取得した治療法 髪尾育男脱毛症Q&A髪尾育男 脱毛症対策|隠す方法